本当のキャリアパスを見出す!転職サイトなら【MIIDAS】無料会員登録

2018年02月14日

資格者の転職

「資格を持っていると転職に有利なのか」

この問題は、このサイトでも何度か取り上げて来ました。


結論としては、資格が必要な求人というのは全体の23%しかないそうです。


 以前の記事はこちら >> 転職に有利な資格


ですから、残りの77%を狙うのであれば、転職に向けてあえて資格試験に取り組む必要などはないことになります。


ですが、既に資格を持っている場合はどうでしょうか?

そして、その資格を活かした有利な転職があるのならば、そこを狙わないという手はありません。


スペシャリスト.png


例えば、管理職などの “エキスパートシニア” に特化した「MS-Japan」という転職エージェントがあります。


 こちら >> プレミアムな転職をサポート|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】


楽天リサーチ調査によると、このエージェントは「管理部門特化型エージェントNo.1」であると同時に「弁護士・公認会計士・税理士が利用したい転職エージェントNo.1」でもあります。

資格保持者に有利な求人を多数抱えているのです。


MS-Japanが特に対象としている資格等はおもに以下の通りです。

  ・弁護士
  ・公認会計士
  ・税理士
  ・税理士科目合格者
  ・弁理士
  ・USCPA
  ・社会保険労務士
  ・経理・財務業務経験者
  ・人事・総務業務経験者
  ・法務業務経験者
  ・経営企画経験者

こういったスペシャリストに対しての人材紹介を特に行っています。


上記条件に該当する方は、こういった特化型の転職エージェントを利用することで、圧倒的に有利な転職が望めることは間違いありません。




弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

【関連する記事】
posted by Future Man at 19:00| 転職 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする