本当のキャリアパスを見出す!転職サイトなら【MIIDAS】無料会員登録

2017年08月13日

第二新卒 20代 転職

大学を卒業後、企業に就職したものの何らかの理由で20代のうちに退職した者、あるいは転職を考えている者のことを「第二新卒」と呼んでいます。

はっきりとした定義があるわけではありませんが、おもに入社後3年以内を指すようです。


なぜ、3年でラインが引かれているのでしょうか?


20代のうちに転職を考える人の理由は、おもに以下の2つです。


  @環境が合わない
  A能力が活かせない


このうち、「A能力が活かせない」に関しては、企業の人事担当者は「能力が活かせるようにるのは3年経ってから」と考えていることが多いようです。


では、3年経つまでは転職しないほうが良いのでしょうか?


第二新卒を採用することにもメリットはあります。


ひとつには「新人研修をしなくて済む」ということです。


電話の取り方、名刺交換の仕方などの基本的なビジネスマナーは新卒採用のときに済んでいるはずなので、新たに研修期間を設ける必要がなく、「時間の削減」というメリットがそこにあります。


しかし上述のように、一般に「能力が活かせるのは3年経ってから」と考えられているのも事実です。


ですので、転職したい理由が「@環境が合わない」ではなく、「A能力が活かせない」のほうであるのならば、3年待ってみるというのもひとつの手です。


20代転職.jpg


そして、入社3年が経ち「20代で転職」するメリットとデメリットは以下の通りです。


■20代転職のメリット

 ・大きな実績を問われない
  :20代のうちは、まだ実績よりもプロセスのほうが問われます。
   どのようなプロセスを踏んで仕事に臨んできたかをアピールして転職につなげます。

 ・異業種に転職できる可能性がある
  :20代のうちは順応力と吸収力がまだまだあると捉えられます。
   自分の伸びしろをアピールすることで異業種への転職の可能性もあります。


■20代転職のデメリット

 ・退職の可能性を疑われる
  :「また短期で退職してしまうのではないか」と疑われるのは仕方のないことです。
   退職理由などの質問に対しては後ろ向きな回答をしないように注意したいところです。

 ・仕事に対する責任や熱意を疑われる
  :仕事よりも自分優先の人間だと思われてしまう可能性もあります。
   前向きな転職理由を示すことで、そのイメージを払拭したいところです。


企業の人事担当者は、20代の転職者については「前の職場に何か不満があったのだな」ということは重々承知していると考えてよいと思います。

ですから逆に、新卒とは違い仕事の現場を実際に見てきたこと、そして、自分の理想とする仕事の現場は何かなど、ネガティブな実情をどう変えていきたいのかというところまで伝えられると良いと思います。





20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's!!


posted by Future Man at 01:33| 転職 時期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする