就職に有利な資格スクールが満載 今すぐカンタン資料請求(無料)

2017年04月18日

転職に求められるスキルとは何?

あらためて言うまでもありませんが、「就職」と「転職」は全くの別物です。


ですので、それぞれに求められること(重視される書類等)も当然に違ってきます。


新卒者の「就職」の場合は、『履歴書』を重視し、このあと社会に出て活躍できる人材かどうかを見極めます。

一方の中途採用の「転職」の場合は、『職務経歴書』を重視し、社会でどのような “活躍をしてきたのか” を見ているのです。


売込むのは自分の「経歴」ということになるのですが、ただ単に、経歴だけを羅列しても採用担当者の心を動かすことはできません。

その経歴の中で、どのようなスキルを身につけてきたのかをアピールしなくてはいけないのです。


そして、この “スキル” ですが、大きく2つに分けて考えるのだそうです。


ひとつは、専門的な知識などを指す、俗に「テクニカルスキル」と呼ばれているものです。


そしてもうひとつは、人事労務用語で、「ポータブルスキル」と呼ばれているものです。

直訳すると「持ち運び可能なスキル」と言うことになります。


業種や職種に関係なく、どのような職場においても発揮されるスキルです。


ヒューマンスキル.jpg


具体的には、「説得力」「統率力」「協調性」などの “ヒューマンスキル”

「忍耐力」「冒険心」「柔軟性」などの “セルフコントロール力”

「創造力」「分析力」「変革力」などの “マネジメント力” のことです。


一般的には、専門的な知識が求められる職種(技術系)では、「テクニカルスキル」が最重視されると考えられます。

つまり、異業種への転職の場合は、「テクニカルスキル」は使えないのです。


そのときに「テクニカルスキル」を補完するのが、この「ポータブルスキル」です。


個人的には、「テクニカルスキル」のほうが重視されるとは言え、最終的に評価されるのは、この「ポータブルスキル」の方なのではないかと考えています。


ですので、まず第一に、幾つかある「ポータブルスキル」の中から自分の“強み”を発見することが必要です。

自分の“強み”を把握した上で、それを前面に押し出していくのです。


また、この「ポータブルスキル」は書類では伝わりづらいものですので、面接のときに存分にアピールすることになります。





グッドポイント診断



ラベル:面接 職歴 スキル
posted by Future Man at 21:10| 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする