本当のキャリアパスを見出す!転職サイトなら【MIIDAS】無料会員登録

2018年02月16日

ニクリーチ

今、就活生たちの間でトレンド入りしている言葉があります。





「ニクリーチ」です。


  こちら >> ニクリーチ


なんと企業の人事の人から焼肉をご馳走してもらいながら、いろいろなことを聞くことのできる “就活サービス” らしいです。


ニクリーチに登録しておくことで、企業からのスカウトを受け取ることができます。

もちろん、こちらからアプローチをかけることもできます。


名前からも分かるように発案者(運営者)はテレビCMでお馴染みの「ビズリーチ」です。


しかも、ご馳走になるのは肉に限られていません。







羨ましい限りです。


就活が “売り手市場” というのもどうやら嘘ではなさそうです。



プロフィールを登録しておけば、
後は待っているだけで企業からスカウトが
届くので非常に簡単でお手軽


posted by Future Man at 12:37| 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

資格者の転職

「資格を持っていると転職に有利なのか」

この問題は、このサイトでも何度か取り上げて来ました。


結論としては、資格が必要な求人というのは全体の23%しかないそうです。


 以前の記事はこちら >> 転職に有利な資格


ですから、残りの77%を狙うのであれば、転職に向けてあえて資格試験に取り組む必要などはないことになります。


ですが、既に資格を持っている場合はどうでしょうか?

そして、その資格を活かした有利な転職があるのならば、そこを狙わないという手はありません。


スペシャリスト.png


例えば、管理職などの “エキスパートシニア” に特化した「MS-Japan」という転職エージェントがあります。


 こちら >> プレミアムな転職をサポート|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】


楽天リサーチ調査によると、このエージェントは「管理部門特化型エージェントNo.1」であると同時に「弁護士・公認会計士・税理士が利用したい転職エージェントNo.1」でもあります。

資格保持者に有利な求人を多数抱えているのです。


MS-Japanが特に対象としている資格等はおもに以下の通りです。

  ・弁護士
  ・公認会計士
  ・税理士
  ・税理士科目合格者
  ・弁理士
  ・USCPA
  ・社会保険労務士
  ・経理・財務業務経験者
  ・人事・総務業務経験者
  ・法務業務経験者
  ・経営企画経験者

こういったスペシャリストに対しての人材紹介を特に行っています。


上記条件に該当する方は、こういった特化型の転職エージェントを利用することで、圧倒的に有利な転職が望めることは間違いありません。




弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

posted by Future Man at 19:00| 転職 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

30〜54歳の都内転職 東京しごとセンター

都内で働きたいミドル(30〜54歳)の就職・転職をサポートする「東京しごとセンター ミドルコーナー」という就職支援サービスがあります。


 こちら >> 東京しごとセンター ミドルコーナー


tokyo.jpg


運営は「公益財団法人東京しごと財団」という東京都の委託を受けている組織です。


ハローワークを運営しているのは厚生労働省ですが、その職業紹介の業務を東京都内に限定し、さらにキャリアカウンセリングやセミナーなどの就職支援業務までを行います。

ハローワークの “転職エージェント版” と考えると分かりやすいかもしれません。


「都内での就職・転職」に限定しているところも良いですが、何と言っても、対象を「30〜54歳」に絞っているところが嬉しいです。

というのも、国の政策として、就職・転職と言うとどうしても新卒者などの若者や逆に高齢者の就職支援のほうに力を入れがちだからです。


そういう意味では、“ミドルエイジ” は最も就職・転職がしにくい環境にあるのかもしれません。


そのような中、このような “ミドルコーナー” の存在は本当に嬉しい限りです。


もちろん他県に住んでいる人も登録できますし、東京都の委託事業のため、ハローワーク同様に利用(サービス)はすべて無料です。


また、説明会も定期的に行われているようです。


 こちら >> 【未登録者対象】ミドルコーナー説明&見学会


現在、ハローワークで就職活動を行っている方は、東京しごとセンターのセミナーや説明会は失業認定のための求職活動実績として記入することもできますので、あわせて登録しておくと良いのではないでしょうか。




【ミドルコーナー】

posted by Future Man at 11:36| 転職 40代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする